賃貸マンションに家族で暮らしている私達夫婦はそろそろマイホームをと考え始めました。新聞の折り込みなどで、不動産物件のチラシを眼にする度に早く考えないと思い始めていたのです。

賃貸マンションの近くに住宅用地として造成が始まった土地がありました。長男は中学生で長女は小学生です。マイホームは子供達の学区内でと考えていましたので、造成地に掲げられている認可書の業者に購入を考えている旨の連絡をしてみました。するともう既に造成している区画全てが完売しているという返事が返ってきました。造成地になりつつある土地の販売について全く知らなかった私達は、こんな条件のいい土地物件が出ていたことを知らずにかなり焦りを感じました。そんなことからチラシなどがいつ新聞に折り込まれたのかを業者さんに尋ねてみたのです。

通勤や通学、生活に便利な条件の良い物件は、チラシなどを入れる以前にドンドン売れてしまうこと、土地購入を考えているお客は不動産業者の会員になっていることなどを教えて貰いました。私達はこのシステムを知らずにいました。焦りを感じつつ、不動産業者に希望する土地の条件を伝え会員になりました。現在私達の手元には、条件が合う土地物件情報が入ってきています。収益物件としてのメリットも考えての理想の土地購入は間近です。