引っ越し先として中古マンションを購入した時のことです。

とにかく気になったのはマンション価格で、そればかりを見ていました。

私は投資マンションや収益物件に関する知識が皆無で、マンションには管理費と修繕積立費というものがあることを初めて知りました。

マンションの維持管理や修繕のために必要なお金で、それは毎月徴収されます。

そのマンションに住む限り毎月支払うお金になるため、長い期間になればそれだけ多くのお金になります。

私はそれに無頓着で何も考えていなかったのですが、幸いなことにお願いしていた不動産会社の方がそのことについてもよく考えてくれていました。

あるマンションが候補に挙がった時に、同じような条件でもっと管理費や修繕積立費が安いところを探してくれました。

その時は特に何も思わなかったのですが、実際にマンションに住み始めて毎月徴収される金額が長い目で見ればとても大きなものになるということに改めて気がつきました。

もちろん安ければそれでいいというわけでもないと思いますが、今後にかかるコストについてもしっかり理解していくことが必要だと思います。

管理費や修繕積立費も場合によっては将来値上げをされる可能性もありますので、しっかりそのマンションの財務状況を確認しておくことも大切だと思います。